その環境はあなたの価値にあっていますか?

deskinoffice

職場というのは、大人が仕事をする場所なので、学生のようないじめは無いだろう・・・などと思われますか?
そう考えるあなたは、甘いです。

職場では、モラハラ、パワハラ、セクハラ、といったいじめが多く存在します。その結果、心を病んでしまったり、退職を余儀なくされた、とうケースも多くあります。

もちろん、そのようないじめとは無縁の職場もありますが、いろんな年代、性別、個性の大人が沢山集まって働いている場所です。ちょっとした事でいじめが発生してしまう、というのは容易に想像できると思います。

良くある事例が、先輩が後輩をいじめる、というものです。
いじめる理由は「気に食わない」というだけで、特に具体的な理由が無い場合が多いように思います。

いじめの内容は、連絡事項を伝えない、仕事の仕方を教えない、無視する、仲間はずれにする、などです。子供のような内容のいじめですが、実際、このような事を経験された方は少なくないのではないでしょうか。

こういうケースの場合、たとえ上司に相談したとしても、上司がきちんと対応してくれない場合があります。加害者側の「先輩」は、その職場で既に数年働いた実績があり、上司からの信頼も得ています。なので、たとえいじめられている、と訴えても、加害者側の肩をもたれてしまうのです。

また、上司自身が面倒な事に巻き込まれたくないと思い、事態を放って置くこともあります。そうなると、なかなか解決はしません。いじめを無視するか、正当に戦うか。

しかし、私は思うのですが、そこまでつらい思いをして仕事を続けなくても、その仕事を辞める、という選択をしても良いと思うのです。不況のせいで仕事を辞めると次の職場がなかったり、仕事に思い入れがあったり、そもそもいじめを理由に辞めるなんて悔しい、など、辞めたくない理由は沢山あると思います。

でも、そんな理不尽ないじめがある職場に、あなたが働くだけの価値があるでしょうか。自分で働きやすい職場に変えることが出来ないのなら、別の働きやすい職場を探す事も選択肢に入れてください。自分自身が傷つく前に、逃げる事も回避方法の一つです。

または「職場でのいじめ問題協議会」のようにプロフェッショナルを揃えた専門機関にご相談下さい。きっと解決策を一緒に見つけることが出来ると思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る