田舎に戻って勤めたパートでの体験

nametag

職場で嫌がらせやいじめを受けている方って、実際のところ結構いらっしゃるんじゃないかと思います。大きな声で言うのは勇気がいるので、我慢をされている方もいらっしゃると思います。

私も我慢するタイプの人間でした。そもそも、自分がそんな目に合うとは考えてもいませんでした。高校卒業後、都会で一人暮らしを始めましたがなかなか慣れることが出来ず、20代前半で地元に戻りました。

地元はとても田舎で正社員での仕事は本当に少なく、パートを始めることにしました。面接や簡単な試験もクリアし、雇ってもらえることになりました。

明日から出勤という前日、色々な説明があるからと店に呼ばれました。そこで名札や制服など渡してもらい、ロッカーなどの説明を受けました。

ロッカーは個別に場所が与えられるものではなく、その日によって使う場所が違うのでその日使う場所に名札を張り付けることになっているそうで「明日からこの名札を使ってね」と言われ、皆が一緒に名札を置いている所に置いて帰りました。

ですが、次の日出勤したら名札がありません。持って帰っていないはずですし、落ちてないか探しましたが見当たりません。

勤務開始初日にこういうことを言うのはすごく嫌でしたが、正直に名札がないと伝え、新しく作ってもらいました。

それから表向きは優しく接してくれるのですが、悪口を言っている人がいました。「パソコンばかり触って仕事をしていない」とか言われたり、お客様を装って本社にメールでクレームを入れられたりしました。車を傷つけられていたこともあります。

我慢するしかありませんでした。結局は体を壊してその職場を辞めることになりましたが、こういう職場は二度とごめんだと思いました。その後、職場でのいじめ問題協議会さんで色々と研修を受けて、いかに人間関係を上手にすすめるか学びましたので、転職後は幸運にも大変良い環境で働いております。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る