理由の分からない叱責や嫌がらせを受けた

bar

以前に居酒屋でアルバイトをしていた時の話です。あまり経験もなかったため、私も仕事がなかなか早くできず、毎日必死の思いで働いていたのですが、まるで目の敵のように叱責してくる社員の人がいました。

当然、私がまだまだ仕事ができないからだと納得していたのですが、女の子のアルバイトからは下の名前や適当な愛称をつけられて呼ばれてもヘラヘラと嬉しそうに笑っていたり、。他の新人の人に指導する時は横で丁寧に指導。何故か私の時だけ、大声で周りやお客さんに聞こえるようなトーンでの叱責でした。

私は特にいじめられっ子タイプでもないので、ウジウジとすることもなく、特に反発もせずに受け流していました。何が気に食わなかったのか、一挙一頭足、ジロジロ見られていた感じがします。

私はバンドマンでギター抱えてマイクに向かって叫んでいたようなタイプなのですが、お客様への挨拶に対しても声が小さいと大声で怒られ、隣の学生アルバイトを見ると、声も出してません。

仕込み作業をしていると「その作業に●●分もかかっている」と怒られましたが、また別な従業員を見ると、私より10分は遅かったです。

いい加減頭にきて、さらに適当に流していると、それも気に食わないようで、拍車がかかりずーっと大声で返事が小さい、動作が遅いと、何だかその人自身は仕事をしないで、私を観察しているような状態になっていました。動作はその人の方がよほど太っていたので遅かったですが。

周囲の従業員は見て見ぬふり。やがてそいつのお気に入りで甘くされてる従業員まで、小馬鹿にする態度を取るようになりました。

実は当時自律神経失調で休職中にアルバイトをしていたのですが、あまりのストレスで吐いてしまい、しばらくしてから店に辞める意思を伝えました。この頃にようやくと「職場でのいじめ問題協議会」さんを知ったのですが、タイミング的には間に合いませんでした。ただ、この上司との間に入ってくれて、色々と話をするなどの労はとって下さいました。お陰様でその後、この経験を引っ張るようなことはなく、大変感謝しております。

元も客として通っていた好きな店なので、お客さんとも明るく接して、本当に頑張っていましたので、店長は惜しんでくれましたが、意思が変わる事はありませんでした。

今の職場では、誰にいじめられるわけでもなく、誰をいじめるわけでもなく、ちゃんと働いて結果を出しています。あんな人がいなければ、僕はそのお店で結果を出したであろうに。と、人間の小さい捨て台詞を吐いています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る