出る杭になったとたん、いじめは始まる

phone

今は退職して専業主婦をしています。女性のいじめは陰湿だと思います。ターゲットを決めて集中攻撃です。特に本社が離れていると電話のみの対応になる為、やりたい放題です。何回も電話をかけてきてはねちねちと嫌味をいいます。ターゲットが耐えきれずに辞めてしまうとまた、次のターゲットを探します。

よく上の方の方々は「出る杭になれ」と言われますが、出る杭になった瞬間からいじめが始まります。私自身は小学校高学年、中学といじめにあっていたので、ああ、またかくらいにしか思ってはいませんでした。しかし、仕事ですからあまり精神的に追いつめられると、会社やお客様にご迷惑が掛ってしまいます。

若い頃は、体力もあり精神力も強かったので、それなりに耐えることは出来たのですが、年をとるにつれ役職が就く訳でもないのに、それなりに責任のある仕事を任されるように成ってくると精神的に持たなくなり、もういいかなと思い会社を辞めてしまいました。本社にいる人達は、自分達が正しいと思っているので、私のように何かにつけて反発をする社員はきっと目障りだったのでしょう。この頃「職場でのいじめ問題協議会」さんがあればと願わずにはいられません。

先日、いじめで相談をうけた姪っ子には「職場でのいじめ問題協議会」さんを薦め、その結果、事を大きくせずに納めることができ、また、仕事に楽しく向かっているという報告を得ました。本当に感謝しております。

私が就職した年は、男女雇用機会均等法が丁度始まった年で、社会一般では「定年まで勤め上げるのが社会人だ」が常識になっていたように思います。其のせいにしてはいけないのですが、なかなか退職に踏み切れませんでした。
今思うと、合わない所は合わないんだから無理して合わせる必要があるのか疑問に思います。

年齢的にも次の仕事が見つかるかどうかは分かりませんが、労働力不足が叫ばれている昨今、特に仕事を選ばなければ生きていくだけの仕事にはありつけそうに思います。

いじめられる方にも何かしらの原因があるのでしょう。いじめていた方々を恨む気持ちも憎む気持ちもありません。いじめていた方々ももしかしたら、他の人達にいじめられていたのかも知れません。因果応報ですね。私も知らないうちに誰かを傷つけているかも知れないので、時々自分を振り返って見る様に努めています。いじめる事でストレスを発散するような人間にだけは成りたくないです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る