小さな会社でのいじめ問題の発覚

smalloffice1

私は製造業系の小さな会社を経営しております。社員は私を入れても20名に足りません。自分では仕事熱心な雰囲気のある活気のある会社だと思っており、何も問題など存在しないと思っておりました。
ところが、ある日、従業員の一人が会社内で人間関係に悩んでいて辞めたいと申し出て来ました。
たまたま、元気の無いのが気になっていたので、ちょっと外で話をする機会を設けたのですが、その時でした。
初めはどういう風に人間関係に悩んでいるのかはっきりとは言わなかったので、ごく普通にある一時的なトラブルか何かで、すぐに改善すると思っておりました。ところが、その従業員の意思が固く、どうもただ事ではないような気がしたので、改めて別の機会を設けて話をじっくりと聞いてみました。すると出て来たのが「いじめ」でした。
まさか、会社で、それも自分の会社でそんな問題があるなんて想像もしていなかったので、驚きました。また、どう対処して良いのかも分からず途方に暮れました。
ただ、この従業員を辞めさせるだけでは問題の根本解決にはならない事だけは分かっていましたので、慰留しておきました。
そんな時に、職場でのいじめ問題協議会のことを商工会の知人に聞き、助けを求めることになりました。
今では全てが嘘のように改善し、生産性も大変伸びています。職場でのいじめ問題協議会には大変感謝しております。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る